楽天銀行の配当金受取プログラム併用でネオモバが驚異の利回り率を実現させる!!

配当金受取プログラムとは?

楽天銀行の配当金受取プログラムは、1円でも配当金としての振込があれば、振込1件につき10円を追加で入金されると言うサービス。

 

詳しい説明は楽天のホームページへゴー!!

株式配当金受取プログラム|楽天銀行

 

簡単に説明すると楽天銀行が継続的に行っているキャンペーンの一つです。

キャンペーンにエントリーして配当金を楽天銀行で受け取る設定をするだけで、1件につき10円を翌月にもらえます。

 

つまり・・・保有銘柄が多いほどウハウハな塵積に!!

 

このプログラムに参加するためには「登録配当金受領口座方式」を選択し、楽天銀行の口座を設定する必要があります。「登録配当金受領口座方式」に一社でも登録するとすべての証券会社に反映されます。

例のごとく楽天銀行のHPにどうぞ。

配当金受取サービス|楽天銀行

 

各受け取り方法のメリット・デメリット

メリット・デメリットを簡単に説明すると以下の通りになります。

「株式数比例配分方式」

・株式の譲渡損益との損益通算が可能になります。

・確定申告が不要で、配当金と譲渡損失の通算ができます。

・NISA口座をフルに活用できる!

・確定申告する場合でもほぼ証券会社がやってくれます!証券口座から年間損益計算書が送られてきて、それをペタリとするだけです。

 

「登録配当金受領口座方式」

・登録口座からすぐに出金することが可能!

・「配当金+α」を入手できます。今のところ楽天銀行だけのサービスですが利回りが凄いことに!

ただし、ハッピープログラムのポイント付与対象とはなりません。

・確定申告で申告する際、若干の手間が増えます。

・配当金受取プログラムが終了する可能性がある。

楽天銀行の胸三寸でプログラムの永続が決まるので、覚悟必要です。

 

また、株式配当金受取プログラムへのエントリーは毎月必須なので、忘れないようにしましょう!!

 

 

配当金受取プログラムの効果的な運用方法

配当金は一株でも配当される!!

つまり、効果的な運用をするのに最適な証券会社は、単元未満株を購入する際の手数料が破格なネオモバ一択(といいつつ最近はLINE証券会社も来てる)

ネオモバの詳しい説明は下記で説明しています。

 

 

1つの企業から、年1回配当であれば10円、年2回配当であれば20円も受け取れる!!

 

仮に1株100円の企業からの配当が年1回(10円)で、10%の配当利回りの底上げ。

配当が2回(20円)の場合だと、20%も底上げにゃ!!・・・すごいにゃ!!!

・・・(急に来たね・・・)

 

わかりやすく図表するとこんな感じになります。

株価 底上げ利回り(年1回) 底上げ利回り(年2回)
100 10.0% 20.0%
200 5.00% 10.0%
300 約3.33% 約6.67%
400 2.50% 5.00%
500 2.00% 4.00%
600 約1.67% 約3.33%
700 約1.43% 約2.86%
800 1.25% 2.50%
900 約1.11% 約2.22%
1000 1.00% 2.00%

 

配当金受取プログラムによる利回りだけで、2%以上あれば即購入です。

つまりは年一回の配当金だと500円までは全然許容範囲!!(と個人的には思っています。)

100円ならば10年もあれば元が取れるので全然アリですね!!

ネオモバで金額の安い順あるいは利回りの良い順から1株ずつ購入していきます。

 

後は、株価が下落している大手企業の株は何となくげっちゅ!!

1株買いなので究極のリスク分散と言っても過言ではありません。

 

以上が配当金受取プログラム攻略になります。

 

 

まとめ

目指せ、+αの配当金だけでそれなりのディナー追加!!!

それなりのディナーなのにゃ・・・。

単純計算すると、ネオモバで配当金ありで検索すると大体3600銘柄ほど。(2020年5月時点)

中には配当利回りが0%にも関わらず表示されるものがありますが、今は無視します。

その3600銘柄すべて買った場合、楽天銀行からの払い戻しは3万6000円。

しかし、中には1株24万の化け物株も存在します(とても買えない!!)し、単元未満株を取り扱っていない株も。

大体、半分ぐらいは良い感じにこつこつ買えるとしても1800銘柄。つまりは1万8000円。

 

だから、ちょっと豪華なディナー程度が塵積でできるということになります。

個人的には800銘柄ぐらいで、いい感じの銘柄はなくなりそう気もしますが・・・。

とにかく!楽天銀行の配当金受取プログラムは貰えたらほんの少しうれしいお小遣い程度のもの。

本質はネオモバの究極のリスク分散投資法。

そのついでのおまけが楽天銀行の配当金受取プログラムになるのです。

 

タイトルとURLをコピーしました